学ぶ・知る・食す 食品品質表示 品質表示Q&A 水産物についてのページ






学ぶ・知る・食す 食品品質表示 メインページへ




輸入後国内で蓄養した貝類の原産地の扱いはどうなりますか。


輸入後、出荷調整や砂抜きなどのため国内で蓄養した貝類の原産地は、その輸出国となります。








外国船籍の漁船が漁獲したマグロを国内の漁港に水揚げした場合、その漁港名又は漁獲水域名を原産地として表示できますか。


外国船籍が漁獲して国内の港に荷揚げしたものは、輸入品になります。輸入品については、原産地は原産国名を表示する必要があります。なお、原産国名に漁獲水域名を併記することは可能です。








養殖に該当しない水産物については、「天然」の表示は可能ですか。


水産物の品質表示基準では養殖とは「幼魚等を重量の増加または品質の向上を図ることを目的として、出荷するまでの間、給餌することにより育成すること」をいい、この定義に該当するものについて養殖の表示が義務付けられるということであり、この養殖の定義に該当しないものについて天然と表示できるということではありません。しかし、事実として天然のものであれば、表示は可能です。








「水域名の記載が困難な場合にあっては、水揚げした港が属する都道府県名の記載に代えることができる」とは具体的にどのような場合ですか。例えば、北太平洋で捕ったものを焼津港に水揚げした場合、「静岡県」と記載できますか。


水揚げした港または水揚げした港が属する都道府県名をもって水域名の記載に代えることができる場合は、水域をまたがって漁をする場合等水域名の記載が困難な場合です。従って、北太平洋で漁獲されたことが確認されていれば、「北太平洋」と表示することになります。水域名の記載は、魚種により広範囲に回遊するもの、沿岸にいるもの等があって一律に規定できないことから、魚種ごとにこのような特性を踏まえて一般消費者の選択に資する水域名を記載すべきものと考えています。